結婚指輪や婚約指輪と結婚式のドレスにこだわるポイント

西洋から入った文化

日本における西洋ブーム

結婚式は古くから存在している婚礼のためのセレモニーです。明治時代以前の結婚式は「披露宴」が主体の式であり、自宅を使って新しい夫婦のお披露目を行なっていました。こうした結婚の形が明治になって変わり、現代にも続く神前式が生み出されたのです。一方戦後は西洋文化の流入により、爆発的にキリスト教的な結婚式が広まりました。チャペルとウェディングドレスは多くの女性の憧れの的になり、現在では西洋風結婚式を行なう夫婦が全体の7割に昇ります。こうした流れに合わせて結婚式に出席する女性参列者の服装も現在ではドレスが主流です。現代の日本で、ドレスは神前式にも着用していける、フォーマルな衣装として認識されているのです。

サービスが充実しているドレスのレンタルサービス

結婚式に参列する場合、ドレスは20,000円〜40,000円ほどで購入するのが一般的です。一方適齢期になれば周囲の人達の結婚ラッシュが起こりますので、結婚式毎にドレスを購入していては出費が莫大なものになってしまいます。こうした方のために近年ではドレスのレンタルサービスが生まれています。レンタルサービスであればブランドドレスが安価に手に入るだけでなく、使用後のドレスの保管場所に困りませんので便利です。近年のレンタルサービスはインターネットによる24時間申し込みを受け付けていたり、利用者にとって便利な配慮が施されています。またサイズが合わない場合、サイズ直しも行なって頂けるのです。今後は、こうしたサービスの利用者が拡大するでしょう。