結婚指輪や婚約指輪と結婚式のドレスにこだわるポイント

ドレス選びのサポート

誰が選ぶのか

結婚式について、いくつか質問をしましょう、そしてその答えを示しましょう。
まずは「結婚式の主役は誰?」という質問。これはカンタン。愛を誓い合う新郎と新婦のおふたりこそ、その日の主役。
次の質問は、「結婚式のファッションといえば?」というもの。これも、答えは難しいものじゃありません。和のスタイルでやるなら紋付袴と白無垢というのがスタンダードなスタイルだし、チャペルでやるならタキシードとウェディングドレス。
主役の魅力を引き立たせるアイテムが、それらであるということになります。
では、最後の質問です。「ドレスを選ぶのは誰でしょう?」

この答えについては、ちょっと考えこんでみましょう。
単純に考えれば、結婚式の主役が身につけるものですから、新婦さんが選ぶということになるでしょう。しかし、そう事は単純に進むでしょうか?
生まれて初めて結婚という時を迎える女性にとって、そのためのドレス選びというのはとても大変なことです。何しろ、やり直しはきかないものですから。

一緒に選ぶ

「これがいいか」「あれがいいか」「実はコレがいいんじゃないか」などと迷いまくることになるなら、その迷いへの答えをきちんと示してくれる人と一緒に、ドレスは選んでいきましょう。
結婚式当日、周りの人々の目をうばい、思わず感嘆のため息をつかせるような、見事なドレス。そういうドレスを、あなたと一緒に考えてくれる、そんなコーディネーターやコンシェルジュと呼ばれる人たちがいるのです。
彼らはウェディングドレスについて知り尽くし、それを着ることになるあなたについても理解し尽くしてくれることになります。
体型、体格、体の線。さまざまな要素を吟味して、最もあなたの体にフィットする、見た目的にもあなたの美しさを引き立たせる、そういうパーフェクトなドレスを、導き出してくれるのです。

そういうわけで、最後の質問への答えは、「一緒に選ぶ」なのです。